ラバライフ

アラサー男が海外情報を中心に発信します。シンガポールに住んでたので、シンガポール情報多めです。

【海外で働く:シンガポール】春節(旧正月)は社員にお年玉!!

こんにちは!シンガポールよりラバです!

 

中国やシンガポールでは旧正月と言って、日本の年末年始とは別に、

1月後半~2月にかけて長期休暇があるのは皆さんご存知だと思います。

この時期は世界中で中国人らしき観光客をたくさん見かけますからね。

 

今日は、旧正月直前の会社で起こった素敵な文化についてお話します。

 

それは、お年玉です!!

 

会社でお年玉!?と思われるかもしれませんが、

これが シンガポールの文化なのです。

 

僕の働いている会社では、長期休み前にマネージャーが

各スタッフにお年玉を配っていました。

 

日本と同様に、ポチ袋に入ってます。

 

それがこちらです。

f:id:yutty-bachofu:20200123143810j:plain

 

アラサーの僕ですが、まさかこの歳になってお年玉をもらうとは思ってもみませんでした。。。

 

この赤い袋、紅包(アンパオ)と言いまして、お祝いの時に使用する袋だそうです。

 

結婚式のご祝儀袋としても使われるそうです。

 

 

さてお年玉の中身は、、、10ドルでした。

 

f:id:yutty-bachofu:20200123143833j:plain

 

まぁ少額ではありますが、思わぬ臨時収入で大変嬉しかったです!!

 

元々これ用の予算を取っていたと思いますが、

社員に還元する姿勢というか、とにかくお金をもらえたことが嬉しかったです。

 

ローカルスタッフに

 

日本ではお年玉をもらったことないよ~

 

と言ったら、

 

えーそうなのー!?

 

と驚かれました。

 

シンガポールでは普通みたいですね。

 

さすがです笑

 

日本の会社も、お金を配れとは言いませんが、

もっと社員に還元する姿勢があっても良いのかなと感じました。

 

それだけでモチベーションが変わってきますからね。

 

ちなみに僕が日本にいた時は、顕著な実績を残した社員に対し、

年末に「がんばりましたで賞」的な賞状をもらい、

その社員が所属している部に賞金が渡され、飲み会で消えるという。。。

 

上の人を飲ませるために頑張ったわけではないんですけどね笑

 

一回、個人に還元してくれないか部長と議論したら揉めることになりました。

 

懐かしいな。。。笑

 

 

 

今日はお年玉でもらった10ドルを使って、美味しいランチでも食べようかなと思います!!

 

それではまた!!