ラバライフ

アラサー男の海外旅日記です。ありのままの情報を発信したいと思います。

【シンガポール】カトンで土鍋のマレーバクテー【人気店Sin Heng Craypot Bak Kut Teh】

こんにちは!シンガポールよりラバです。

シンガポールが誇るローカルグルメといえば、

バクテーですよね!

 

僕はバクテーが大大大好きです!

 

シンガポールとマレーシアでは、

バクテーの味が全然ちがうことはご存知ですが?

 

シンガポールバクテーとマレーシアバクテーの違い

 

f:id:yutty-bachofu:20200301190006j:plain f:id:yutty-bachofu:20200315193219j:plain

左がシンガポールバクテーで、右がマレーシアバクテーです。

スープの色が全然違いますね。

 

シンガポールバクテーはコショウベースのクリアスープで、辛いのが特徴です。

マレーシアバクテーは漢方などを多用した薬膳スープです。

 

僕はどちらも甲乙つけがたいほど好きです!

 

シンガポールにいると、当然左側のコショウベースのバクテーを提供してくれるお店がほとんどですが、

中には右側のマレーシアバクテーを提供してくれるお店もあります!
 

今日は、シンガポールでマレーシアバクテーを食べられるお店を紹介します!

 

実は、以前の記事で+αとして触れたのですが、+αに留めておくにはもったいないので、ガッツリ紹介させてもらいます! 

www.raba-life.com

  

そのお店がこちら!

 

Sing Heng Craypot Bak Kut Teh

 

URL: https://www.tripadvisor.jp/Restaurant_Review-g294265-d5425063-Reviews-Sin_Heng_Claypot_Bak_Koot_Teh-Singapore.htm

f:id:yutty-bachofu:20200315193400j:image

ラクサ、プラナカンハウスで有名なカトンにあります。

 

f:id:yutty-bachofu:20200315193025j:plain

店内はローカルの方々で混んでおり、人気店なのが分かります!

場合によっては待たなければならないほど、混んでます。

 
f:id:yutty-bachofu:20200315193352j:image

土鍋料理のメニューです。

 

バクテーはSmall, Medium, Large Extra Largeから選べます。

Smallでも4本ポークリブが入ってますので、2人ならSmallで十分です。

お値段はベーシックなCraypot Bak Kut Tehであれば、

Small:9ドル

Medium:14ドル

Large:23ドル

Extra Large:34ドル

 

f:id:yutty-bachofu:20200315193219j:plain

Small:9ドルの写真です。

 

シェアするのであれば、お手頃な値段ですね。

 

他にもおすすめの料理がありまして、それが

 

f:id:yutty-bachofu:20200205213501j:plain

Sesami Oil Chicken:8ドル

めちゃめちゃタレがご飯に合います!!

 

f:id:yutty-bachofu:20200316125012j:plain

Craypot Noodle:6ドル

グツグツ煮られた鍋焼きうどん的な感じで最高です!!

 

他にも、魚や野菜料理もあります。
f:id:yutty-bachofu:20200315193356j:image
他のお客さんは、野菜の炒め物を頼んでる方が多かったです。


ちなみにキッチンを覗いてみますと、
f:id:yutty-bachofu:20200315193021j:image

土鍋でグツグツ煮ているのが分かります。

ここらへんは気温もかなり暑いです。


f:id:yutty-bachofu:20200315193222j:image

さらに奥には、バクテーのスープが入った、少々変わった形の鍋がありました。

秘伝のスープですね。

 

f:id:yutty-bachofu:20200316125009j:image

バクテーには欠かせないご飯ととうがらしです。

完璧なコンビネーションです。

 

とってもおいしそうですね。

 

皆さんも、たまには一味違うバクテーを食べてみてはいかがでしょうか?

 

シンガポールバクテーと食べ比べするのも面白いですよ!

 

日本でも今ではバクテーの素が手に入ります。 ぜひご家庭でも「スタミナ薬膳スープ」として食べてみてください。

それではまた!