ラバライフ

アラサー男が海外情報を中心に発信します。シンガポールに住んでたので、シンガポール情報多めです。

【オーストラリア】ダーウィン旅行記① 基本情報・観光ルート・総費用

 

こんにちは!ラバです。

 

2月の終わりに妻とオーストラリア北部の町、ダーウィンに旅行してきました。

 

ダーウィンって何があるの?そもそも知らない!という方もいらっしゃるでしょう。

 

そんな方に、ダーウィンの魅力を知ってもらえたら嬉しいです。

 

そして、僕自身の観光ルートと総費用が参考になればと思います。

 

 

 

ダーウィンってどこ?

地図で見ると下記です。

ソース画像を表示

引用元:https://kids.britannica.com/kids/article/Darwin/444159

 

オーストラリア北部の先っちょにありますね。

 

オレンジ色で囲まれているノーザンテリトリーの州都で、

人口はオーストラリア内で16位です。

 

州都のわりに結構小さいね。歩いてみてよく分かったわ。

 

そうですね。ノーザンテリトリー自体が自然に囲まれていて、シドニー、メルボルンみたいな都会とは異なりますね。

 

気候

東南アジアに非常に近いので、気候もかなり似ています。

熱帯で湿度が高く、気温の上がる雨季(10~3月)は体感温度40度を越える日もあります。

 

ここはオーストラリアか!?と思うほどです。

 

僕たちも東南アジアの暑さには慣れていますが、それでもあの暑さと湿度にはやられました。。。

 

熱中症にはほんとうに気を付けて!!

 

逆に、乾季(4~9月)は平均気温も下がるし雨も減るので、過ごしやすいでしょう!

 

僕たちも、次は乾季に行きたいです。

 

あのダーウィンと関係あるの?

 「ダーウィン」と聞いて思い描くのは、

恐らく誰でも自然学者の チャールズ・ダーウィンではないでしょうか?

ソース画像を表示

引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%82%BA%E3%83%BB%E3%83%80%E3%83%BC%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%B3

 

あの、『進化論』を唱えた人物ですね。

 

オーストラリアのダーウィンは、このチャールズ・ダーウィンと関係があります!!

 

その昔、1839年にイギリスの軍艦ビーグル号がダーウィンの場所に着いたのです。

港にするのに向いている地形をしていたこの場所をビーグル号の船長が気に入り、

チャールズ・ダーウィンにちなんで「ダーウィン」と名付けました。

 

ちなみに、船長とダーウィンはこの航海の前に、一緒に航海していたそうです。

だから、仲が良かったと。

 

なるほどねー。自分の名前を付けずに仲間の名前を付けるのが、なんか素敵ね。

 

確かに。ダーウィンにとってみれば、知らぬ間に自分の名前の土地が生まれたことになります。

 

それは面白いわね。

 

はい、ダーウィンが漂着したからダーウィンなのではなく、ダーウィンと仲が良かった人の船が漂着し、ダーウィンと名付けられたのです。

 

ダーウィンの魅力は何?

大きく3点です。 

1.大自然

2.アボリジニ

3.クロコダイル 

 

1.大自然

ダーウィンから日帰りで行ける場所に、世界遺産が2つあります。

①リッチフィールド国立公園

f:id:yutty-bachofu:20200302165808j:plain

 

③カカドゥ国立公園

f:id:yutty-bachofu:20200305100808j:image

 

どちらもちょーーー大きな公園です。

というか自然そのものです。

リッチフィールド国立公園では滝つぼや川を泳いだり、

カカドゥ国立公園では野鳥、野生のクロコダイルなどを見ることができます。

 

まさに大自然だったわね。

 

2.アボリジニ

f:id:yutty-bachofu:20200305100511j:image

ノーザンテリトリーは人口の4分の1が先住民族のアボリジニです。

 

ダーウィンの街中にも、たくさんのアボリジニがいます。

彼らの歴史、文化、アートに触れることが出来ます。

f:id:yutty-bachofu:20200305100627j:image

特に、アートはお土産にもぴったりです。

 

私も気に行って買ってしまったわ。

 

3.クロコダイル

f:id:yutty-bachofu:20200305100357j:image

ノーザンテリトリーには数十万頭のクロコダイルが生息しています。

なので、街中ではクロコダイル料理、クロコダイル製品を見かけます。

 

f:id:yutty-bachofu:20200305100733j:image

さらにダーウィンの人気スポットの1つに

クロコザウルス・コーブというクロコダイル園があります。

 

ここでは、超巨大なクロコダイルを見ることが出来ます。

f:id:yutty-bachofu:20200305100316j:image

クロコザウルスと呼ぶにふさわしい、まさに恐竜でした。

 

ダーウィン観光で一番楽しかったわ。

 

どうやって行くの?

2020年3月現在、日本からの直行便はありません。

それどころか、乗り入れてる国は非常に少ないです。

国際線はフィリピン(マニラ)、シンガポール、インドネシア(デンパサール)、東ティモール、中国(深圳)のみです。

 

国内線は各地から出ています。

 

なので、おすすめなのはオーストラリア国内から行くことです。

 

ちなみに僕たちはシンガポールに住んでいるので、

ジェットスターアジア航空の直行便で行けました。

 

観光ルート

僕たちのスケジュールはこちらです。

 

1日目:夜行便でシンガポール→ダーウィン、

2日目:朝ダーウィン着、街ブラ

3日目:クロコザウルス・コーブ、ウェーブラグーン

4日目:リッチフィールド国立公園ツアー

5日目:カカドゥ国立公園ツアー

6日目:イーストポイント散歩、ダーウィンNo.1レストランでディナー

7日目:街ブラ、お土産物色

8日目:帰国

 

だいぶ、余裕を持ったスケジュールを組みました。

 

暮らすように、のんびり過ごす、というイメージです。

 

たまにどこかの国の、国内周遊の旅をする時がありますが、

あれはけっこうしんどいですよね。

 

観たいところが多いので仕方ないのですが、

 

ですが、今回はそういったことは全くありませんでした。

 

おかげで、ストレスフリーでした。

 

総費用

夫婦で¥224,818円でした。

思ってたよりかかりました。。。

 

内訳は下記です。

 

①航空券:¥39,940

②ホテル:¥22,098

③ツアー/ 入場料:¥66,554

④食費:¥62,219

⑤おみやげ:¥16,517

⑥Uber:¥11,667

⑦保険:¥4,223

⑧通信費:¥1,600

 

以上です。 

 

①航空券:¥39,940

ExpediaでJetstar Asia航空のチケットを購入しました。

1人あたり2万円で行けたので、これは非常に助かりました。

ただ、これは雨季と新型コロナの影響が大きいでしょう。

 

観光シーズンの乾季はもっと高いと思いますので、ダーウィン旅行を計画中の方は、何日間かExpediaで相場を調べておくといいですよ。

【航空券+ホテル】海外旅行エクスペディア★パッケージツアー

 

 

②ホテル:¥22,098

Booking.comでPalms City Resortというホテルに泊まりました。

5泊で¥22,098なので、1泊4,420円ですね。

部屋はきれいだし、プールもあるし、Wi-Fiは快適だし全く文句なかったです。

オーストラリアにしては、結構安くいい宿に泊まれたのではないかと思います。

海外ホテル検索、Booking.com

 

③ツアー :¥66,554

内訳は下記です。

 

クロコザウルス・コーブ入場料:¥5,328

ウェーブラグーン入場料:1,036 

リッチフィールド国立公園ツアー:¥23,138

カカドゥ国立公園ツアー/入場料:¥37,052

 

ツアー会社はATS(Australian Tour Specials)を活用しました。

やり取りが全て日本語なので、とっても楽でした。

ほかのツアー会社よりもお手頃なのでおすすめです。

https://atstour.jp/

 

④食費:¥62,219

好き放題飲み食いしてたらこんなにかかってしまいました。。。

 

オーストラリアはステーキ、シーフード、ワイン、ビールなど、

僕の好きなものが充実していて誘惑に負けまくりました笑

 

悔いは全くないです!!

 

本気出して節約しようとしたら、1日5,000円ぐらいに抑えられると思います。

スーパーで買えば安くおいしいものを手に入れられますからね。

 

⑤おみやげ:¥16,517

こちらも想定以上にかかってしまいました。

 

紅茶:25.2AUD≒¥1,865

シャツ:60AUD≒¥4,440

アボリジニアート:78AUD≒¥5,772

クロコダイル皮のキーホルダー:60AUD≒¥4,440

 

個人的には、妻がどうしても欲しいというので買ったアボリジニアートが響いてますね。

 

そんなことないわ!それに、アート素敵じゃない!

 

⑥Uber:¥11,667

これは、必要経費なので全く問題ありません。

この時代、UberもしくはGrabなしで海外旅行はできないぐらいですね。

安いし確実だし、文句なしです。

 

空港⇔ダーウィンセントラルまで、深夜料金で31AUD≒2,300円ぐらいでした。

日中であればもう少し安くいけるかと。

 

⑦保険:¥4,223

シンガポールに住んでいる僕たちは、日本で作ったクレジットカードの旅行保険が対象外です。

実際、南アフリカで強盗に遭った際、対象外と言われてしまいました。 

なので、念のため保険に入ることにしました。

 

FWDという会社の一番リーズナブルなプランにしました。

他にもいろんなプランがまとめて見れるサイトがあるので、URLを貼っておきます。

https://www.moneysmart.sg/travel-insurance

 

⑧通信費:¥1,600

僕たちはシンガポールで一番メジャーなSingtelのSIMカードを使っています。

オーストラリア、フィリピン、タイ、インドネシア、マレーシアに渡航する際に使える、

データローミングプランA:10SGDを夫婦それぞれで申し込みました。

 

これで、Wi-Fiをレンタルせずとも、現地でSIMカードを入手せずとも普段通り携帯を使えるので快適です。

 

以上です。

 

これが、2人分の総費用です。

 

少しでも参考になれば嬉しいです。

 

明日からは、具体的な旅の内容を綴っていきます。

 

それではまた!

 

 【0円留学】国内ワーホリ経由≫海外留学行き|留学貯金0円&英語力0の留学希望者を徹底サポートするのが「Global Dive」です。

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村