ラバライフ

アラサー男の海外旅日記です。ありのままの情報を発信したいと思います。

ミャンマー旅行記⑧ 7日目 ヘーホーの命がけ橋渡り マンダレー純白パゴダ

f:id:yutty-bachofu:20200110123048j:plain

マンダレーが誇る純白パゴダ、Mya Thein Tan Pagoda(Hsinbyume pagoda)です。

 

ミャンマー観光7日目、この日はインレー湖からマンダレーに移動です。

 

ホテルの朝食はビュッフェ形式でどれも美味しく、満足でした。

その後チェックアウトし、昨日依頼していたボートが来ていたのでそれに乗り込み、空港へ向かいました。

 

Paramount Inle Resortから空港までは1時間半ぐらいかかります。

他の湖上ホテルから空港へ行く際も、念のため移動に2時間見といた方が良いと思います。

 

ボートから車へ乗り継ぎ、空港へ向けて車を走らせていたら、

ドライバーが急に止まりました。

 

どうした?ワイナリーか?

さすがに朝からワインを飲んだりはしないぞ。

 

 

そこにクレイジーな橋があるんだ。良かったら見てみるかい?

 

 

クレイジーな橋?そんなものがあるのか、うーん、時間に余裕があるし見てみるか

ということで、橋の側で車を止めました。

 

そして、その橋がこちらです。

f:id:yutty-bachofu:20200110123100j:plain

Ba Wa Sam Sa Ra Bridgeという橋ですね。

写真中央に橋らしきものがあるのが分かりますでしょうか?

ここは線路の橋でして、人が歩くことが想定されていませんので柵や手すりがありません。

 

もっと近づいてみます。

 

f:id:yutty-bachofu:20200110123106j:plain

何となく高さもあるのが分かりますでしょうか?

 

これ、歩くところの木ですが、板を釘で止めてるだけなので、めっちゃ怖いんです!!

 

f:id:yutty-bachofu:20200110123124j:plain

こんな感じで、リアルに隙間だらけなのです。。。

 

今は使われておらず、観光地になっているようですが、あまりにも危険ですね。。。

 

この橋、まるでカイジのブレイブマンロードを思い出しますね。

 

あれは衝撃的でした。

人間がぽんぽん落ちていくんですもん。

 

 

ただ、僕はこの橋を見事に渡り切りました!!

 

ドヤっ!!

 

ブレイブマンです!!

 

ちなみに妻は怖くてNGでした。

普通に無理。

 

何となく優越感、ぐへへ(←くず)

 

 そんなこんなで思わぬところで楽しみ(?)空港に着きました。

 

ヘーホー空港は非常に小さく、チェックイン買い物や休憩スペースがあまりないです。

 

フライト1時間前に着けば十分でしょう。

 

そして今回の旅の最後の町マンダレーへ向かいます。

フライトは今回の旅で初めて利用するミャンマー国際航空の4707便、

 

時間はHEH13:40ーMDL14:15です。

 

35分という短いフライト、日本だったら島に行くとき以外乗らないですよね。。。

 

ただここはミャンマー、車で行くと1日かかるので飛行機は結構利用者が多いです。

 

 マンダレーで観光出来るのは半日だけなのですが、妻が「どうしても行きたい!」ということで1か所だけのためにマンダレーに行きました。

 

それが純白のパゴダと呼ばれるMya Thein Tan Pagodaです!!

 

ここは結構行くのが大変でして、僕たちは時間が無いので空港から直接車で行きました。

 

ちなみにマンダレーはGrabを使えます!!

 

さすがミャンマー第二の都市ですね、時代に追い付いています。

 

Grabで車を拾い、Min Gunという地域まで車で1時間ちょい、やっと着きました!

 

料金は15,100チャット≒1,100円ほどです。

結構かかりました。

 

f:id:yutty-bachofu:20200216121925j:image

 

真っ白なパゴダです。

 

確かに、いままで見たものとは少しテイストが違いますね。

 

たくさんの人がいました。

 

入場料は1人5,000チャット≒370円程度です。

 

お金がかかるのは残念ですが、このためにマンダレーに来たので渋々払いました。

 

このパゴダも30分~1時間あればじっくり見て回って写真もたくさん撮れるでしょう。

 

1週間、毎日仏塔を見続けてきて、正直飽きてきてましたが、

最後に違った種類の仏塔を見れて良かったです。

 

そして先ほど乗ったGrabのドライバーにここで待つようお願いしていたので、

同じ車を拾ってホテルに向かいました。

 

今回泊ったホテルGold Leaf Hotelです。

このホテル、最高でした!!

ホテルに着くと、丁寧に案内してくれ、チェックインまで非常にスムーズでした。

設備もきれいで豪華な感じもあり、文句なしです。

シャワーのお湯もばっちり出ました。水圧も問題なしです。

 

お値段は1泊朝食なしで2,884円でした。

 

やっぱり2,000円台で泊まれるんですね。助かりました。

 

チェックインを済ませ、Grabでディナーを食べるレストランに行くことにしました。

 

Grabを開いて気付いたのですが、

トゥクトゥクを拾えます!

 

え、トゥクトゥクってあのぼったくりの代名詞で、

インドで毎回喧嘩になった(←誰も知らない)

あのトゥクトゥクが!?

 

 そうなんです。

 

もうこの時代、

トゥクトゥクとも交渉がいりません。

 

そして、しっかり車より安い料金で拾えます。

これはありがたい!

 

 

 

 

見事にトゥクトゥクのドライバーと会話をせずに目的地に着きました。

 

そしてたどり着いたのがMingalabar Myanmar Restaurant

というレストランです。

 URL:https://www.tripadvisor.com.sg/Restaurant_Review-g295408-d7243035-Reviews-Mingalabar_Myanmar_Restaurant-Mandalay_Mandalay_Region.html

世界各国のレストランを全て日本語で予約できます【グルヤク】

 

f:id:yutty-bachofu:20200215221331j:image
f:id:yutty-bachofu:20200215221335j:image

こちら、とにかくお客さんが多くてにぎわっています。

 

f:id:yutty-bachofu:20200217164529j:image
f:id:yutty-bachofu:20200217164534j:image
f:id:yutty-bachofu:20200217164523j:image

こちらでミャンマービールを飲みながら、カレーなどミャンマー旅最後の晩餐を楽しみました。

 

そして帰りはゆっくり散歩しながらマンダレーの町を楽しみ、ホテルに戻って寝ました。

 

翌日はとうとうシンガポールに帰ります。

ミャンマー楽しかったなー。。。帰るのさびしいなー

 

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

 

PVアクセスランキング にほんブログ村