ラバライフ

アラサー男が海外情報を中心に発信します。シンガポールに住んでたので、シンガポール情報多めです。

職場に蔓延する仕事を「やってる感」という病

僕はコテコテの日系大企業で働いているのですが、最近ずっとテレワークで無駄なコミュニケーションがなくなって嬉しいです。

 

ただ前々からずっと気になっている雰囲気はテレワークでも拭えません。

 

その雰囲気とは仕事を「やってる感」です。

 

実際にはそんなに仕事をしていないのに「俺こんだけやってますぜ」と上にアピールする雰囲気です。

 

会社には、本当はいらない仕事を無理やり作り出し、なんか仕事を「やってる感」を醸し出し上から目を付けられないようにする輩がいます。

 

そしてそれは、名ばかり管理職にとっても多いです。

 

名ばかり管理職の方々は仕事を部下に丸投げしてることが多いので、いざテレワークをすると仕事がないことに気づきます。

 

でもそのままだともっと上の人たちに「あいつ何もしてないじゃないか」と睨まれてしまいます。

 

なので、何かにつけて会議を開こうとします。

 

無駄な会議・報告などは「やってる感」の極みです。

 

とりあえず会議をやっておけば時間が過ぎて仕事を「やってる感」が出ます。

 

ただ無駄なので売上や業績には関係ありません。

 

 

部内であーでもないこーでもないと話すだけです。

 

 

それに時間を取られる実働部隊は堪ったものではありませんね。

 

さっさと終わらせて時間を趣味や家族に使いたいのに。。。

 

まぁ百歩譲って、会議を開くだけなら良しとしましょう。

 

コミュニケーションは大事です。手段は会議である必要は全くありませんが。

 

 

ただ、その会議で使用する資料作りを部下に投げるなと言いたい。

 

①会議やるぞ→②資料作れと指示→③資料作る→④会議→⑤来週もやるぞ→①に戻る

 

この無限ループです。

 

地獄です。

 

結果、部下は無駄な仕事が増えていきます。

 

これはもう、悲劇です。

 

会社には、本当は仕事をしていないということがバレないように必死に「やってる感」を出す人間がたくさんいます。

 

皆さんがお勤めの会社はいかがでしょうか?

 

もしかしたら、いるかもしれませんよ。。。

 

無駄は最大限省いていきましょう。